コヒー ドリップ|美味しいコーヒーの入れ方にはコツがあります!

コヒー ドリップ|美味しいコーヒーの入れ方にはコツがあります!

 

まず美味しい水とお湯の温度

 

おい湯の温度は80〜95℃程度が良いでしょう。

 

コヒーの量はカップ1杯で10グラム強です。

 

ペーパードリップで入れるコヒー豆はミディアム、中細挽が適しています。

 

カップ1杯のコヒーでも豆からコヒーミルで引き立てのコヒー豆で抽出したコヒーは格別の思いが出てきます。

 

 

サーバーにドリッパーをセットして、中細挽のコーヒー豆を人数分セットします。

 

ここでのポイントはドリッパーとペーパーフィルターが適合していることです。

 

ドリッパーとペーパーフィルターの間に隙間があってはいけません。

 

1人前用のドリッパーには、1人前用ペーパーフィルターが好ましいのです。

 

特に1人前用には円錐型のドリッパーとペーパーフィルターがいいでしょう!

 

美味しいコーヒーを瞬時に注げ出せるからです。

 

ペーパーフィルターに入れたコーヒー豆の上から決して一度にダボダボと全部のお湯をかけないでね・・・

 

ウォーターサーバーのお湯をポットに入れ、ポットの注ぎ口から少量のお湯だけを最初に注ぎます。

 

ここで、入れるコーヒーは必ず蒸らし(30秒くらい)をして下さい!

 

粉全体にふんわりとお湯が沁みわたっていきます。

 

ハンバーガーを上に乗せたように、軽く円形にふんわりとコヒー豆が盛り上がってくれば占めたものです。

 

この 蒸らし作業がコヒーを美味しく入れる重要なポイントなのです。

 

残りのお湯を3回くらいに分けて、少しずつ注いでゆきます。

 

注ぎ方は、のの字を書くようにとよく言われています。

 

のの字を書くとは、ペーパーフィルターの縁からは決してお湯をかけないことも意味します。

 

コヒー豆の縁にはお湯をかけない状態で土手を残しておきます。

 

コーヒー豆の真ん中に、こんもりとハンバーガーが乗っかったような状態を維持しながらお湯を注いで行きましょう。

 

ふわっとした盛り上がりを消滅させないように、頃合いを見ながらお湯を少しづつ注ぎ続ける訳です。

 

コーヒーが注ぎ終われば、決して最後の一滴まで抽出しないでください。

 

最後に残っている泡の残骸がアクです。

 

このアクが雑味の原因です。

 

コーヒー1杯に対して160cc〜180cc注げば、140ccほど抽出できます。

 

一杯分のコーヒーが抽出できれば、ドリッパーをすぐに外しましょう!

 

美味しいコーヒーは豆も美味しい豆が必要です。

 

それ以上に基本的なことは、水道水ではダメなことです。

 

日本茶やコーヒーには天然水を利用しましょう。

 

水道水とは歴然とした違いが判ります。

 

コーヒーの保存方法は?

コーヒーの保存方法は冷凍保存が一番です。
ただし、コーヒー豆を取り出す時、一瞬にして空気中の水分を吸い込みます。
したがって、冷凍保存は小分けにしましょう。
一番いいのは常温で保存できる量しか買わないことです。
それが一番おいしいコーヒーでしょうね・・・・